インフルエンザの疑いがあり、病院で見てもらう男性

近年感染力が高く重症化がしやすい新型インフルエンザは自力で治すのは難しく入院しなければならないほど重い病気です。早く完治するために自己判断をせずに疑ったらすぐに病院に行くことが重要です。

インフルエンザの治療費はおいくら?

インフルエンザとは
↑インフルエンザについて参考にさせていただきました!

インフルエンザにかかってしまった場合には、その時々の症状によって、お医者さんの対応も変わってきます。また、その年によっても流行しているインフルエンザの種類というものは、まったく違ってきますので、比較的簡単に治るインフルエンザと、かなり悪化して、症状が長引くより厄介なインフルエンザとに分かれます。初期の段階であれば、まだそれほど体力の消耗が酷くない状態での治療開始となるため、場合によっては点滴などが必要なく、インフルエンザのウイルスを体から追い出すための薬だけで治る場合もあります。しかし、なかなかインフルエンザだということに気づかずに、または会社などが忙しく、またはお子さんの面倒を見ることが第一で病院に来ることが出来なかった結果、悪化させてしまった場合には、かなりの体力消耗が起こっている場合もあります。そのようなケースでは、1時間に毎日1回程度は点滴を打たないと、体がもたないほど体力消耗が激しく、熱などが酷いケースなどもあります。また、インフルエンザのケースによっては、酷いおう吐やめまいなどが伴う場合もあるため、治療費については、一概には言えませんが、点滴などが必要ない場合には、比較的安く、5000円程度で治療が終わる場合もあります。ただ、悪化してしまい、1日に1回は点滴などが必要なほど、体力が消耗してしまっている状態であると、もっと治療費が必要になるため、完全に治すまでは点滴も行っていくという形になるため、およそ平均して1万円前後の費用がかかります。また、治療費もお年寄りの方々の場合と、若い方などの場合では、治療費が異なってきますので、おおよそ前後すれば5000円前後から1万円前後というところが、インフルエンザの治療費の金額というように言えます。

インフルエンザの後遺症は残るの?

インフルエンザは毎年寒い時期になると日本国中で猛威を振るいます。もし、感染してしまうならとても大変です。くしゃみ、咳、鼻水、のどの痛みといった風邪のような症状に加えて、急に熱が高くなったり、関節炎などを引き起こしてしまいます。感染すると身体はとてもだるいですし、感染予防のために一週間は自宅で静養しなければいけません。しかも恐ろしいのは風邪は市販の薬を飲んである程度の期間休養をとれば治りますが、インフルエンザは市販の薬では治りませんし、後遺症が残る危険があります。後遺症にもいろんな種類がありますが、その一つにインフルエンザ脳症です。インフルエンザ脳症とは、インフルエンザに感染したことで脳神経の細胞に急激のダメージをもたらしてしまいます。特に1歳から5歳までの小さな子供が感染してしまうとインフルエンザ脳症にかかりやすくなりますの注意しましょう。では、インフルエンザ脳症はどのような症状があるのしょうか?いろいろありますが、たとえば痙攣です。10~15分以上続く場合や一度治っても繰り返し起こす場合には早めに医師に相談に行きましょう。さらに、呼びかけても反応がない、意識がもうろうとしている、視線が合わない、といった症状も危険ですのですぐに病院へ行きましょう。ほかの後遺症としては、腎障害、胃腸障害、肝機能障害、凝固障害などを引き起こします。つまり、インフルエンザは感染するととても恐ろしい病といえます。それで感染する前に予防注射をきちんとうっておきましょう。そして、外から帰ってきたなら除菌効果のある石鹸で手をよくあらうようにしましょう。そうするなら感染の心配もある程度回避できることでしょう。

インフルエンザにはブルーベリーがいい?

インフルエンザ予防のために健康食品を食べているという人はインフルエンザの流行シーズンが近づくに連れて増えて行きますが、その中で一つ新しい食品として注目されるようになったのがブルーベリーです。ブルーベリーはもともと目の健康維持に効果的なアントシアニンなどの健康成分が多く含まれていたためサプリメントなどにも応用されていたのですが、福島県立医科大学と福島県農業総合センターの共同研究でブルーベリーがインフルエンザを含む数種のウイルスに対して効果的に作用することが明らかになりました。この共同研究は欧米でカシスなどのいった果実が抗ウイルス作用を持つとされていることに着目し、日本国内でも採取出来るブルーベリーが抗ウイルス作用を持つかどうかを明らかにするために行われたものです。研究結果としてはブルーベリーが持つアントシアニンなどのポリフェノールがウイルスの表面をコーティングし、これによってウイルスが人間の細胞に付着しても細胞内に入り込めず感染を予防する効果があることが明らかになりました。その効果はポリフェノールの含有量に正比例して増強して行くため、研究の中ではそのデータを取り上げた上でポリフェノールがウイルス感染を予防する効果があることを示唆していると述べました。現在ではさらなる研究に取り組む段階にありますが、今後このブルーベリーに含まれるポリフェノールが持つ抗ウイルス作用を用いてさまざまな加工食品を作れるかもしれないという可能性にも触れており、もしこれが実現すればブルーベリーを使ったのど飴を舐めることで喉に付着したインフルエンザウイルスをコーティングして感染を予防することができるようになる可能性があります。もちろんインフルエンザを予防するのであれば予防接種などが特に効果的であるのは確かですが、予防接種よりも気軽に行える感染対策としてブルーベリーが注目される可能性は極めて高いでしょう。

▼インフルエンザの予防と治療はリレンザをお使いください
リレンザの予防投与としての効果
▼通販でも購入可能なインフルエンザの治療薬がある事をご存知ですか?
タミフルについて